前十字靭帯断裂のリハビリ①

膝の怪我で『前十字靭帯断裂』という大きな怪我があります。



長くスポーツしている人は聞いたことがある方も多いかと思います。


スポーツ選手だけでなく、



レクリエーションで行うスキーやバドミントンなどでも起こることは少なくありません。



この怪我の特徴の一つとして、



手術が必要になるということです。



スポーツ選手は手術をしないと復帰はできないと言われています。



スポーツをしない人でも、



その後の膝のことを考えると手術することをお勧めします。



手術をするとスポーツの復帰までは約6ヶ月、



日常生活においても約2ヶ月くらいはかかります。




なのでリハビリが非常に重要になってきます。


長くて大変なリハビリになりますが、



このリハビリが今後の人生を左右すると言っても過言ではありません。


そして、特に術後1~2ヶ月のリハビリは重要です。


この時期に大事になってくるのは、



①炎症反応を抑えること

②可動域の回復(特に膝が左右変わらず伸びるようにすること)

③筋肉に力が上手く入るようにすること

④体重を乗せる感覚を取り戻すこと



主にこのようなことが挙げられるかと思います。



①炎症反応を抑えること



術後はかなり炎症が反応が起こり、脚全体に腫れやむくみが強く出ることが多いです。



ぱんぱんに腫れていると膝の曲げ伸ばしにも弊害が出てきて、



力もうまく入りづらくなってしまうので、



リハビリがうまく進まなくなってしまいます。



なので、アイシングをしっかりすることや



無理に歩き回ったり負荷が過剰にならないようにすることが重要となってきます。


そうすることで筋力や可動域の回復を促してくれます。



②可動域の回復(特に膝が左右変わらず伸びるようにすること)



可動域の回復はリハビリの最重要課題だと思います。



術後すぐに始まるリハビリで、まず完全に伸びるようにすること、



そして、最終的には正座ができるくらいに曲がるようにすることが重要です。



初めは痛みを伴うので辛いリハビリかと思います。



簡単に伸びなかったり曲がらなかったりと壁にぶつかることもあるかと思います。



しかし、曲げ伸ばしに制限があるままになってしまうと



膝に痛みが残ってしまうだけでなく、



腰や反対の膝など他の部分にも悪い影響が出てきてしまいます。



なので、可動域を戻すことは非常に重要なのです。




③筋肉にうまく力が入るようにすること



術後はももを中心に力がうまく入らなくなってしまいます。



力が上手く入らないと体重を支えることも難しくなります。



ましてやスポーツに復帰するとなど大変なこととなります。



術後早い時期から、



リハビリをして筋力を戻していくことも非常に重要なことなのです。




④体重を乗せる感覚を戻すこと



怪我をした後や手術後というのは、



痛みもあり体重をうまく乗せることができません。



よって、歩く際もかばった歩き方になり、



正常な動き方ができなくなってしまいます。



これは痛みが回復したら戻るかといえば戻らないことが多いです。



かばって歩く悪い動き方が体に染みついてしまいます。



もちろん、筋力や可動域を良くすることで改善されては来ますが、



動き方を修正するが必要もあります。



患側に体重を乗せる訓練や、



怪我を再度しないようにするための訓練が必要です。



この辺りは自分ではなかなか分からないことが多いかと思うので、



専門家にきちんと診てもらいながら行うことをお勧めします。





今回の内容はざっくりとした全体的なお話になります。



長くなってしまったので、また違う日にもう少し詳しくご紹介したいと思います。



以下にうちで前十字靭帯のリハビリで行っているようなエクササイズを少しご紹介します。



是非参考にしてみてください。


 ~~稲田堤のコンディショニング施設~~

うえだ鍼灸コンディショニングルーム

 

川崎市多摩区、稲城、調布周辺で、

肩こりや腰痛、変形性膝関節症などの身体の痛みでお悩みの方は

お気軽にご相談ください。

ヨガやピラティスを取り入れた姿勢改善をコンセプトとしたパーソナルトレーニングやグループエクササイズ教室も開催しております。

08059103370

ueda.conditioning@gmail.com

<営業時間>

平日 :10:00~21:00

土・祝:10:00~18:00

 

★完全予約制

 

<定休日>

日曜日(変更などはブログでご案内します)

 

<アクセス>

京王相模原線「京王稲田堤駅」

南口 徒歩4分

 

JR南武線「稲田堤駅」

徒歩7分

 

<電話番号>

080-5910-3370

 

<メール>

ueda.conditioning@gmail.com

 

<住所>

神奈川県川崎市多摩区菅北浦3-13-13

 

 

★当施設では勉強を希望している学生トレーナー・インターンを募集しております。

興味のある方は、お気軽にご連絡ください。