リハビリ最終段階

 

先月、無事に一人の選手の前十字靭帯断裂からの復帰を見送ることができましたが、

 

 

今月は2人の選手のリハビリの仕上げが控えています。

 

 

 

1人は半月板損傷の手術後、

 

 

もう1人は前十字靭帯断裂の手術後になります。

 

 

 

昨日はそのうちの1人の選手のリハビリに練習現場へ行ってきました。

 

 

半月板でも前十字でも、

 

 

この復帰前の時期になってくるとやることは大きくは変わりません。

 

 

直線の動きでダッシュ力を戻していくこと、

 

 

ターンが入った走りのメニューをこなしていくこと、

 

 

ステップワークをこなしていくこと、

 

 

ボールを使ってのアクションの動きを確認していくこと、

 

 

これらのことが中心になってきます。

 

 

ただこなすだけではいけません。

 

 

再発のリスクを極限まで減らすことができるように、

 

 

そして元のパフォーマンスが戻るように、

 

 

足の運び方や体の使い方、

 

 

足りない筋力の強化や瞬発的な力発揮など

 

 

様々な確認が必要になってきます。

 

 

なぜこのステップでは怖さが残るのか、

 

 

この動きだと動きが悪くなるのはどこが問題なのか、

 

 

スピードが戻らないのはどこの問題なのか、

 

 

自分では動けているつもりでも何かリスクとなりうる問題はないか、

 

 

などなど様々なことに気を配りながらリハビリを組み立てる必要があると思います。

 

 

この動きができないのならこのトレーニングが必要とか

 

 

このシーンはリスクが高いからこのように動く練習が必要、

 

 

といったようにただ数をこなすだけでなく、

 

 

改善に導きながら数をこなしていく。

 

 

そうすることでケガの予防を徹底していきながら

 

 

復帰に向けてコンディションを上げていきます。

 

 

 

正直見ている方はこれからの時期が非常に怖いです。

 

 

常に再発の恐怖を感じながらやってます。

 

 

たぶん選手本人より自分の方がビビってます。

 

 

 

 

自分が担当している選手の中で、残念ながら再断裂をしたケースを過去に経験しています。

 

 

再断裂はトレーナーに大きな責任があると思っています。

 

 

その選手には本当に申し訳ないことをしたと思っていますし、

 

 

二度とそのような選手を自分が担当する中からは出してはいけません。

 

 

この1ヶ月、恐怖ではありますが、

 

 

何とか無事に復帰へたどり着いてもらえることを願い、

 

 

サポートしていきたいと思います。

 

 

~~稲田堤のコンディショニング施設~~

うえだ鍼灸コンディショニングルーム

 

川崎市多摩区、稲城、調布周辺で、

捻挫や肉離れなどスポーツでの怪我でお悩みの方は

お気軽にご相談ください。

当施設はサッカーを中心としたチーム帯同を行っておりますので、

チームにトレーナーを探しているという方も是非ご相談ください。

08059103370

ueda.conditioning@gmail.com

<営業時間>

平日 :10:00~21:00

土・祝:10:00~18:00

 

★完全予約制

 

<定休日>

日曜日(変更などはブログでご案内します)

 

<アクセス>

京王相模原線「京王稲田堤駅」

南口 徒歩4分

 

JR南武線「稲田堤駅」

徒歩7分

 

<電話番号>

080-5910-3370

 

<メール>

ueda.conditioning@gmail.com

 

<住所>

神奈川県川崎市多摩区菅北浦3-13-13

 

 

★当施設では勉強を希望している学生トレーナー・インターンを募集しております。

興味のある方は、お気軽にご連絡ください。