前十字リハビリ~オペ前~

 

今回の選手のケースは、

 

 

過去にも同じ脚の前十字靭帯断裂の手術をしていて、

 

 

二回目の手術になります。

 

 

それも、前回の手術のあと復帰してすぐの時期に再度膝崩れを起こしたようで、

 

 

そこから数年間の中で何度も膝崩れを起こしていて、

 

 

今回のケガが致命傷にはなったのでしょうが

 

 

元々すでに前十字靭帯は機能してなかったのだと推測されます。

 

 

前十字靭帯が機能していない(再断裂した)状態でも、

 

 

日常生活や軽いスポーツなら可能です。

 

 

ただ、関節が傷んでしまったり、骨が変形してしまったり、

 

 

将来に悪影響が出ることが報告されています。

 

 

なのでスポーツの参加の有無にかかわらず、

 

 

手術をすることが推奨されています。

 

 

 

今回のケースも、おそらく靭帯が緩んだ状態でプレーを続けていて、

 

 

何度も膝崩れを起こしているので、

 

 

内側の半月板や軟骨の損の合併が疑われています。

 

 

荷重時にや膝の内側の痛みや膝を曲げた際に

 

 

膝の内側に痛みを訴えているのはそのためかと考えられます。

 

 

その部分に関しては、内視鏡を入れてみて、

 

 

実際に状況を見たうえでドクターの判断によって処置がされます。

 

 

半月板の損傷の部位によっては縫合したり切除するような処置がとられます。

 

 

リハビリのポイントとしては、

 

 

・手術するまでの期間に可動域を可能な限り元に戻す

・力が入るようにしておく

・腫れをできる限り引かせておく

 

 

といったことが中心になり、

 

 

そこを目標にリハビリに励んでもらいました。

 

 

手術をするのだから手術前は別にリハビリが必要ない、

 

 

というわけではなく術後より良い状態にするために

 

 

術前のリハビリは非常に重要だと感じます。

 

 

この期間が術後の状態を左右するといっても過言ではないので、

 

 

術前のリハビリはしっかり行いましょう。

 

~~稲田堤のコンディショニング施設~~

うえだ鍼灸コンディショニングルーム

 

川崎市多摩区、稲城、調布周辺で、

肩こりや腰痛、外反母趾などの身体の痛みでお悩みの方は

お気軽にご相談ください。

ヨガやピラティスを取り入れた姿勢改善をコンセプトとしたパーソナルトレーニングやグループエクササイズ教室も開催しております。

08059103370

ueda.conditioning@gmail.com

<営業時間>

平日 :10:00~21:00

土・祝:10:00~18:00

 

★完全予約制

 

<定休日>

日曜日(変更などはブログでご案内します)

 

<アクセス>

京王相模原線「京王稲田堤駅」

南口 徒歩4分

 

JR南武線「稲田堤駅」

徒歩7分

 

<電話番号>

080-5910-3370

 

<メール>

ueda.conditioning@gmail.com

 

<住所>

神奈川県川崎市多摩区菅北浦3-13-13

 

 

★当施設では勉強を希望している学生トレーナー・インターンを募集しております。

興味のある方は、お気軽にご連絡ください。